宮崎神社(旧賀茂郡)の禰宜による カモねぎブログ

新嘗祭に、秋の初穂

2018年11月23日

 

11月23日は「勤労感謝の日」

以前は「新嘗祭」という祭日、お祭りの日でした。

ちなみに「祝祭日」という言葉がありますが、現在では「祭日」がなくなり、法的には「祝祭日」はありません。単に「祝日」となっています。

 

皇室を始め、神宮、全国の神社では「新嘗祭」が行われます。

新嘗祭は、その年の初めに五穀豊穣を祈念申し上げ、神様の恵みによって収穫できた実りを神様に感謝して、神様に新米などのお供え物を捧げるお祭りです。

その秋にとれた初穂、新米をまず神様にお供えして、感謝する。

そのあとやっと、人々が新米を食べることができるという……今風にいえば「新米解禁日!」でしょうかね。

ボジョレーヌーボー解禁みたい(^_^;)

今では9月になると巷に新米が流通してしまい、新嘗祭前に新米を避けるのは中々困難となっていますね。

 

本日の新嘗祭では、広島県青年神職会創立65周年事業「米作り」で収穫しました新米を、神前にお供えさせていただきました。

古来の米作りにならって、田植え、稲刈り毎に神事を行って収穫した新米です。

 

さて、今日の新嘗祭で秋祭りは一区切りとなるでしょう。

これからお正月に向けて、神社はにわかに慌ただしくなります。

具体的にいえば、神主がコサックダンスするほど焦りだします(;´∀`)

 


 


お知らせ

1年のは 宮崎神社にあり!

宮崎神社の七五三詣については、こちらから。

宮崎神社の初詣  新春初祈祷・初祈願祭


082-401-2767

 【お願い】
ご祈願のお申込みには「お名前・ご連絡先・希望日時・祈願内容」をご記入ください。
日時・内容などを確認の上、後ほど連絡を差し上げます。
それをもちまして申込みの受付完了となりますのでご注意ください。