広島 安産 広島 安産祈願 安産の神社 御利益 東広島市 安産  安産の御利益 安産東広島 西条 八本松 黒瀬 高屋 河内 豊栄 志和 安芸津 呉 三原 三次 安芸 尾道 妊娠 腹帯 帯祝い

安産祈願の案内

安産の神さま

宮崎神社の御祭神である息長帯比売命こと神功皇后さまは、身重にも関わらず出征、凱旋され、そして無事に応神天皇をお産みになられたということから、安産育児の神として広く信仰されるようになり、子授けから子育てまで、ご神徳を発揚されています。
またそのことから、宮崎神社は古くより、東広島市(旧賀茂郡)を中心に広く広島県一帯より、子授け・安産、ひいては子供たちをお守りくださる、とても慈愛に満ちた神さまが鎮まっていらっしゃると、篤い崇敬を集めています。
 


安産祈願のご案内

安産祈願とは、子宝に恵まれたことを感謝申し上げ、母子共に健康で無事の出産、生まれてくる子供が元気で丈夫に育ちますようにと祈る祭です。
ご夫婦でのお参りはもちろん、ご家族、またご友人など、多くの方々とお参りし、みな様と一緒に安産を祈っていただければと思います。        
 


祈願のお申込み

午前9時から午後9時までお受けしています。
土日祝日はもちろん、平日でもお仕事を終えてからお参りいただけ、厳かな夜の祭典に参列していただけます。
それ以外の時間帯につきまして、ご相談ください。
ご祈願のお申し込みは、必ずご予約を入れてください。
前日当日からのご予約も受け付けていますが、お早めにご予約戴ければ、希望の時間帯の空が取りやすくなっています。
まずは、お問合せください。    

宮崎神社 東広島 夏越の大祓 大祓 人形 夏 お祓い 安産祈願 安産 戌の日 厄除け 厄払い 厄年 お祓い 八方塞り 子授け 交通安全 車のお祓い 縁結び 良縁 地鎮祭 東広島市 家内安全

初穂料

一件につき五千円よりお志
 ご本人以外でも、代理による参拝もお受けしています。
 

長期祈願

 当日の祈願祭後、それぞれの期間、朝の日供祭で祈願申し上げます。
◎一ヶ月祈祷:一万円  
◎三ヶ月祈祷:二万円 
◎半年祈祷/三万円       
 ※「戌の日安産特別祈願祭」は毎月一度の祈願となりますので、長期祈願とは異なります。


安産祈願・帯祝い

帯祝い

妊娠五ヶ月頃に、大切な子どもを身籠もったことを神さまに感謝して、胎児の無事成長と安産を祈るため、腹帯を巻き始める儀式を帯祝いと言います。
腹帯は日本独自の風習で、江戸時代に庶民の間に広まりました。妊娠5ヶ月目の戌の日に、お腹を暖め母体と赤ちゃんを保護するために巻きます。最近ではサラシの他にコルセットタイプも市販されています。

 
広島 安産 広島 安産祈願 安産の神社 御利益 東広島市 安産  安産の御利益 安産東広島 西条 八本松 黒瀬 高屋 河内 豊栄 志和 安芸津 呉 三原 三次 安芸 尾道 妊娠 腹帯 帯祝い

岩田帯

宮崎神社では、ご神前で祓い清め、神さまの御力を分けて戴いた岩田帯(腹帯)を、安産祈願祭後にお渡しいします。
また最近ではコルセットタイプなど色々なタイプの腹帯がございます。妊婦さんがご自分に合った腹帯をお持ちでしたら、御神前でお祓いさせていただきますので、ぜひご持参下さい。
 
宮崎神社の腹帯だけを受けたいという方は、事前にご連絡ください。
ひとつひとつ、神前でお祓いをしてお渡ししていますので、急な申し出には対応することができませんので、予めご連絡ください。 
安産岩田帯のみ:初穂料 2,000円よりお志  


戌の日

たくさんの子を産み、お産が軽い 犬は、昔から安産の守り神として人々に愛されてきました。
その戌(いぬ)にあやかって、12日に一度訪れる戌の日に、妊婦さんと赤ちゃんの無事を願って、安産祈願を 行うようになったと言われています。
また古く鎌倉時代から「戌」の日を吉日として帯びを結ばれています。多産でお産が軽いことから、この日を安産の吉日と選ばれているようです。
それ以外にも、ご体調・ご都合のよい日にお参りください。                                           

広島 安産 広島 安産祈願 安産の神社 御利益 東広島市 安産  安産の御利益 安産東広島 西条 八本松 黒瀬 高屋 河内 豊栄 志和 安芸津 呉 三原 三次 安芸 尾道 妊娠 腹帯 帯祝い

平成30年 戌の日一覧

  • 1月
    •   6日 土曜日
    • 18日 木曜日
    • 30日 火曜日
  • 2月
    • 11日 日曜日
    • 23日 金曜日
  • 3月
    •   7日 水曜日
    • 19日 月曜日
    • 31日 土曜日
  • 4月
    • 12日 木曜日
    • 24日 火曜日
  • 5月
    •   6日 日曜日
    • 18日 金曜日
    • 30日 水曜日
  • 6月
    • 11日 月曜日
    • 23日 土曜日
  • 7月
    •   5日 木曜日
    • 17日 火曜日
    • 29日 日曜日
  • 8月
    • 10日 金曜日
    • 22日 水曜日
  • 9月
    •   3日 月曜日
    • 15日 土曜日
    • 27日 木曜日
  • 10月
    •   9日 火曜日
    • 21日 日曜日
  • 11月
    •   2日 金曜日
    • 14日 水曜日
    • 26日 月曜日
  • 12月
    •   8日 土曜日
    • 20日 木曜日

戌の日子授け安産特別祈願祭

戌の日子授け安産特別祈願祭

沢山の子供を産み、お産が軽い犬にあやかり、 毎月「戌の日」に「子宝安産特別祈願祭」を斎行しています。
宮崎神社は、昔から子授けから安産・子育ての大神さまとして、東広島市(旧賀茂郡)を中心に、広島県一帯より篤く崇敬を集めています。
その宮崎神社の大神さまに、日々のお恵みの感謝を申し上げると共に、子授けと安産を祈願し、益益の御神徳を戴くためにお祓いを受けていただき、心身共に祓い清めていただく厳かな祭典が行われます。

当日の祈願祭の後、約半年間の毎月朔に「家内安全」と共に「子授け」「安産」をご神前にて祝詞を奏上し祈願申し上げます。 
つまりは「月に一度、家内安全と子授け安産祈願」を神前で行っています。
※長期祈願とは異なります。                    

 【初穂料】五千円よりお志

 

【特別授与品】子授け安産守護札

宮崎神社で「戌の日」に、当日早朝に御神前でお祓いを受けた「子授け安産守護札」をお頒かちしています。
また「戌の日」に祈願を受けられた方にも、御守と一緒にお渡ししています。

 
 
 
 

広島 安産 広島 安産祈願 安産の神社 御利益 東広島市 安産  安産の御利益 安産東広島 西条 八本松 黒瀬 高屋 河内 豊栄 志和 安芸津 呉 三原 三次 安芸 尾道 妊娠 腹帯 帯祝い